相撲の身体・腰割の効用

46歳まで相撲をとり続けた元・一ノ矢(松田哲博)さんの著作「お相撲さんの“腰割り”
トレーニングに隠されたすごい秘密」(実業之日本社)は腰痛・膝痛に悩む人への福音書です。

古典の身体に興味を持ってきた私にとって納得の書。
1日たった5回から10回の腰割ですむのですから。
イチローが外野の守備について行うエクササイズです。
股関節がきちっと役割を果たせば怪我もなく驚くほどの身体活動が可能となります。

本文32頁から引用すると、「 『股関節を制するものは整形外科を制する』。股間節は、
立つ、座る、歩く、走るといった日常の基本動作すべてにかかわっている「要の関節」で、
上半身と下半身をつなぐ最も大きな関節でもあり・・・」。内臓と隣接した大腰筋などの
インナーマッスルを使って歩けるようになるとのこと。

似て非なるものがスクワット、これは表面の筋肉を主に使って行う運動で、交感神経優位
になり頑張るというきもちが強くなってしまうのだそうです。
腰割りで股関節が刺激されると骨盤や内臓が整えられ副交感神経が優位になって
気持ちよさや呼吸が深くなったりすとのこと。

ゴルフの片山晋吾も腰割りをやっているそうですし石川遼を指導したマイク小西氏も
股関節重視でスイングすれば体に負担がかからず正確で且つ距離が出るショットに
なると指導しています。

まずはこの本を買って読んでみてはいかがですか?
腰割の理想像は双葉山、写真を見て真似てみましょう。
[PR]
by 10nenchodo | 2010-10-21 15:49
<< 節電①照明 「くそッたれ」と言われる幸せ >>