<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

雛人形

3月3日の節句が間近になりました。一雨ごとに暖かくなり春の訪れが実感出来る今日この頃です。
この季節になるとテレビや街角で雛人形を頻繁に見かけます。そのたびに気になってしょうがないのが内裏雛の並べ方です。その多くが向かって左が男雛、右が女雛。この並び方は西洋儀礼を踏襲したために始まり、天皇皇后両陛下の写真を飾る時もそうなりました。しかしながら幕末までの絵に描かれたものはその逆です。天子は南面しその左手側が上手、右手側が下手。右大臣より左大臣の方が位は上。日本では長いこと左上位できていたのです。
京都の方では古来のしきたりを守っているためか、お雛様もちゃんと右側に男雛を飾っているところが多いようです。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.tenhodo.co.jp/archives/sayuu.html
年に一度、ひな祭りの時に日本のそして世界の右左を考えてみるのも面白いですよ。
[PR]
by 10nenchodo | 2012-02-25 13:49

Fw:緊張と弛緩

緊張と弛緩
気持ちを集中することと緊張することとはどう違うのだろう。

ここ一番の勝負時にはよく「歯を食いしばって」と声をかけられる。
プロ野球選手の多くは歯がガタガタになっていると聞く。打つ時に歯を
食いしばるからだそうです。

ある歯医者さんから「日本のプロゴルファーとアマチュアがショットを打つ
時の歯のかみ具合をテストしたところプロは歯を食いしばりアマチュアは
緩んでいるのが顕著な違いだった」「歯をしっかり噛むと筋肉が緊張し力
が出るから」とのこと。
でも「タイガーウッズは打つ時に舌を出しているのでわかるように体全体
を緩めヘッドの遠心力がより大きくなるように」と還暦でプロテストを通った
古市忠夫プロがテレビのレッスン番組で力説しておられた。
米国のコーチ・オブ・ザ・イヤーにもなった我がゴルフの師匠、マイク
小西師にその点を尋ねたら「歯を噛みしめたら体は自由に動かない。
緩めないと」。
元相撲取りでシコトレ体操で有名になった元一ノ矢さんからは「双葉山は
ゆるゆるで取り組みに臨んでいた。相手は負けまいとガーンとぶつかるけど、
ぶつかっているはずなのにふわっとした気持ちよさを感じ、次の瞬間には
自分が転がっているという話が残っている。」と聞いた。

ゴルフも相撲も野球も体は弛緩している必要がありそうです。
落合博光やイチローのバッティングにもそれを感じるし、ハンマー投げの
室伏選手も。

まずは健康のためにも股関節と肩甲骨をいつも気にしてゆるゆるにし
ておきましょう。
[PR]
by 10nenchodo | 2012-02-06 23:37